5000円でお釣りが 富士吉田で“貧者”の2拠点暮らしを体験

公開日: 更新日:

 喧騒の東京と富士山の見える風光明媚の地を往来しながら、2拠点生活――。なんていうと山梨県鳴沢村に別荘を持つ、安倍首相のような金持ちじゃないと無理だと思ってはいないだろうか。だが首相の別荘にほど近い富士吉田市なら、当地の施設や制度を活用することで格安で実現できる。記者が体験した“貧者の2拠点暮らし”実践法をリポートする。

■“富士山どーん”を眺めながら仕事

 2拠点暮らしには、まず書斎代わりの仕事場が必要だろう。そこでお勧めなのが同市に9月にオープンしたコワーキングスペース「anyplace.work 富士吉田」だ。

 最寄りの富士山駅(富士急河口湖線)から徒歩5分にあり、広さ約200平方メートル。3面ガラス張りの室内からは、晴れていれば富士山が圧倒的大きさで見える。この施設が1日1000円、月間使い放題プランなら1万円で利用できる。ちなみに新宿からの高速バスを使えば片道1750円。約1時間半で富士山駅に着き、1時間に1本以上の頻度で運行している。日帰りなら“富士山どーん”を眺めつつ仕事をして、5000円でお釣りがくる計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る