個別購入とどっち 定額制「サブスクリプション」のお得度

公開日: 更新日:

「サブスクリプション」は、「予約購読、定期購読」を意味する英語。それだけ聞くと、「なんじゃらほい?」という感じだが、今はやりの動画や音楽の定額サービスのこと。

 若年層を対象とするアンケートメディア「TesTee Lab」の調べによると、サブスクリプションを知っていたのは20代男性で9.3%、20代女性で5.5%。若者の認知度でさえ1割未満だから、中高年が知らないのは当然だ。

 しかし、その中身を説明して、改めて利用しているかたずねると、20代男性は20%、20代女性は18.8%が「利用している」と回答。少しずつ普及している実態がうかがえる。

 記者も改めてチェックしてみたら、アマゾンプライム(年3900円)、スポティファイ(月980円)、ネットフリックス(月800円)、楽天マガジン(月380円)、オフィス365ソロ(月1274円)と契約していることに気づく。一つずつの月額料金は大したことなくても、チリも積もれば……。本当に得なのか。ITジャーナリストの熊山准氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  6. 6

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  7. 7

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

  8. 8

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  9. 9

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  10. 10

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

もっと見る