伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

ネットベンチャーの旗手逮捕 生き方変えられず転落の道へ

公開日: 更新日:

「ネットベンチャーの旗手」の転落――。警視庁組織犯罪対策4課が5月8日、破産手続き中の室内装飾品販売会社「ラポール」の決算を粉飾、融資金をだまし取ったという容疑で逮捕した黒木正博容疑者(53)を、こう紹介したマスメディアは少なくなかった。

 黒木容疑者が会長を務めていた音楽配信会社「リキッドオーディオ・ジャパン」は2000年1月、東証マザーズ上場記念パーティーを都内のホテルで開き、小室哲哉、つんく♂、浜崎あゆみ、SPEEDらをゲストに迎えて壇上に立った。この頃が絶頂である。

 だが、当時から黒木容疑者とアングラ経済との関係は深かった。筆者と黒木容疑者との関係はその頃に始まっているが、きっかけは山口組系大物仕事師の紹介で、パーティーから9カ月後に事件化する、右腕の社長が引き起こした監禁・恐喝事件の相談だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る