有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

ALSOK<上>東京五輪で“警備ロボット”披露し世界をリード

公開日: 更新日:
羽田空港で公開された警備ロボット(C)共同通信社

 2020年の東京五輪・パラリンピックを機に警備サービス(ガードマン)業界は大きく変貌しようとしている。1964年の東京五輪で飛躍のチャンスをつかんだ過去があるからだ。

 20年の東京五輪では、大会組織委員会が競技会場や選手村などの警備を民間に委託す…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  7. 7

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  8. 8

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

  9. 9

    コロナ禍でクビ切り本格化 失業率25%超が現実味おびる

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る