2018年度50社で過去3番目の多さ 不適切会計“高止まり”裏側

公開日: 更新日:

 政府が平気でデータ偽装や公文書改ざんに手を染める国だから、民間企業のガバナンスも緩くなるんじゃないのか。「不適切な会計・経理」を開示した上場企業が2018年度も依然、高水準であることが東京商工リサーチの調査で分かった。

 不適切会計を開示したのは50社で、昨年度(64社)よりは減ったものの、2008年度から始めた同調査で過去3番目の多さだった。経理や会計処理ミスなどの「誤り」が22社。次いで、売り上げの前倒し計上や実在性に疑義のある取引などの「粉飾」が18社、「着服横領」が10社。市場別では東証1部が28社で最多。産業別では「製造業」が15社、「運輸・情報通信」9社と続いた。

 ミスなどの「誤り」の背景には、会計処理の高度化や現場の人手不足があるという。「粉飾」については、営業ノルマの達成など成果へのプレッシャーが関係していそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る