松嶋菜々子の水着姿は高値 “テレホンカード”のお宝を探す

公開日: 更新日:

 スマホの普及、公衆電話の激減で廃れつつあるのがテレホンカードだろう。東京・中野で20年以上、テレカを扱っている「カードショップトレジャー」店主で鑑定士の長尾美千生さんによると、テレカの需要はピーク時の10分の1程度だという。

「公衆電話以外の使い道はコレクションするほか、通話料の支払いに使われる程度です。通話料も口座引き落としをする人が増えているので実用面でテレカを使う場面は少なくなっています。ただ、少なくはなりましたが、熱心に収集している人もいるので、ものによっては依然高い価値を維持しています」

 お店にある最高値のテレカは、なんと80万円もする。

「これは日本電信電話公社時代に発行されたものです。NTTになってから発行されたテレカは100万種類以上ありますが、この時代に発行されたテレカは300種類ほどなのでおおむね希少価値が高いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  6. 6

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る