人気沸騰の村上隆作品 4万円台のポスターが10万円で取引も

公開日: 更新日:

 F氏によると「海外の富裕層は高額な報酬でアートコーディネーターを雇い、彼らの助言に従い美術品を購入している」。やはり美術の世界も、お金持ちだけが得をするようにできているのか……。しかし、こんな証言もある。

「村上隆が自身の店で販売しているポスター作品は、新作の状態で4万円台で購入できます。これらの作品は購入者がすぐにオークションに出品するケースも多いのですが、だいたい十数万円で落札されています」(アートディーラーのA氏)

■中国人も参戦

 村上氏は世界的に有名な日本の美術家だ。東京の中野ブロードウェイにある、彼が経営する販売店「Hidari Zingaro」のサイトで確認すると、今年1月にも、ポスター作品がエディション300(300点しか存在しないという意味)で、4万8300円で発売された記録が残っていた。同店ではエディションナンバー入りのグッズも販売している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  4. 4

    れいわ新撰組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る