市民エネルギーちば 東光弘代表<1>発電と作農の“二毛作”

公開日: 更新日:

 脱原発の実現へ、再生可能エネルギーの切り札と目される太陽光発電。政府の普及政策もあってあちこちに発電所を見かけるようになったが、広大な用地をどう調達するか、山野を切り開くことによる自然破壊は悩みのタネだ。

 千葉県匝瑳市の小さな電力会社「市民エネルギーちば」は、発電パネルの下で作物を作り農地をダブルインカムにする「ソーラーシェアリング」を広めることで、これらの問題を解決しようとしている。日本の農地は約4万5000平方キロ。これだけあれば用地は十分、今ある農地の活用なら自然も破壊しない。

 日本のパタゴニア本社や店舗の電力をまかなう太陽光発電所の運営を任され、メガソーラー発電所の通電式には小泉純一郎ら脱原発で気脈を通じる首相経験者3人も駆け付けた。代表の東光弘氏はどんな道を経て“世直し電力事業”にたどりついたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る