OWNDAYS 田中修治社長<1>負債14億円の店を年商160億円に

公開日: 更新日:

 アパレル国内最大手のユニクロのように、製造から販売まで一貫して行うことでコストを下げる製造小売り(SPA)の波がメガネ業界も席巻し、定着している。かつて高額だった高品質なメガネがリーズナブルな価格で買える店が増えるなか、フレームのデザイン性と値ごろ感で注目されているのが「OWNDAYS(オンデーズ)」だ。OWNDAYSは4月末現在で国内のほか、台湾、シンガポール、タイなどの東南アジア、インドに291店舗を構え、年商200億円のうち大半を海外で稼ぐ。

 会社を率いる田中修治は2008年に、30歳の若さで年商20億円、14億円の債務超過で倒産寸前のOWNDAYSを引き継ぎ、悪戦苦闘しながら立て直し、会社を軌道に乗せている。一連の出来事をもとにした小説「破天荒フェニックス」(幻冬舎)は経営者やビジネスマンから火が付き、Amazonベストセラー1位を獲得。小説以上に破天荒な道のりを歩んできた田中は、1977年に埼玉県で生まれる。10代のときからさまざまな仕事を手がけてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る