ビズリーチ 南壮一郎社長<1>激しい環境変化を生き抜いた

公開日: 更新日:

 高いビジネススキルを持つ即戦力人材の転職を支援し、一躍脚光を浴びているインターネット企業の「ビズリーチ」。働き方改革の旗手といわれている。ビズリーチを創業したのが社長の南壮一郎だ。

 南の人生は波乱に満ちたものだ。6歳の時に父親の転勤で静岡県磐田市からカナダのトロントへ引っ越ししている。

「英語はまったくしゃべれないのに、学校には日本人がいない。言葉の壁を乗り越え、サバイバルな毎日でした」

 トロントでの生活に馴染んだと思ったのもつかの間、13歳のときに再び帰国、磐田市の公立中学へ転入。ところが、今度は日本の文化に順応できない。学ランや体操着の着用が義務づけられており、しかも名札までついている。

「それまで服装が自由だったので、どうしてそんなものを着なければならないのか、理由がわからなかった。しかも、英語には敬語の概念がないので、先輩や先生に話しかける時も敬語が使えない。明らかに浮いた存在でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  7. 7

    安倍首相と小池都知事がリーダーだと頭が混乱してしまう

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る