ビズリーチ 南壮一郎社長<1>激しい環境変化を生き抜いた

公開日: 更新日:

 高いビジネススキルを持つ即戦力人材の転職を支援し、一躍脚光を浴びているインターネット企業の「ビズリーチ」。働き方改革の旗手といわれている。ビズリーチを創業したのが社長の南壮一郎だ。

 南の人生は波乱に満ちたものだ。6歳の時に父親の転勤で静岡県磐田市からカナダのトロントへ引っ越ししている。

「英語はまったくしゃべれないのに、学校には日本人がいない。言葉の壁を乗り越え、サバイバルな毎日でした」

 トロントでの生活に馴染んだと思ったのもつかの間、13歳のときに再び帰国、磐田市の公立中学へ転入。ところが、今度は日本の文化に順応できない。学ランや体操着の着用が義務づけられており、しかも名札までついている。

「それまで服装が自由だったので、どうしてそんなものを着なければならないのか、理由がわからなかった。しかも、英語には敬語の概念がないので、先輩や先生に話しかける時も敬語が使えない。明らかに浮いた存在でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る