子会社化の思惑も…静かに買われるSI関連NTTデータに注目

公開日: 更新日:

 ファーウェイへの輸出禁止措置が世界規模で広がるなど、米中貿易戦争は日増しに激化している。

 そんな中にあって、直近で年初来高値を更新する銘柄が少なからず出てきた。創薬ベンチャーのそーせいグループ、ユニクロを手掛けるファーストリテイリング、オリエンタルランド、ハウス食品グループ本社などだ。

 これらの銘柄に共通するのは、米中貿易戦争激化による業績悪化懸念が少ない点だ。そーせいグループなどバイオ関連株は、今月10日の米国による対中追加関税引き上げ以降に、相場全般が急落する中で逆行高してきた経緯がある。

 バイオ関連株が人気化しているのは分かっているものの、業績を伴っていない銘柄が多いために投資リスクが甚大で、投資対象から外している投資家も少なくない。

 直近でバイオ関連株以上に静かに買われ、業界大手が軒並み年初来高値圏にあるのがSI関連株だ。言わずもがなだが、SIとはシステムインテグレーションの略で、情報システムの構築を請け負うITサービスのことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る