“プチッと”シリーズのヒットで業績アップ「エバラ食品」

公開日: 更新日:

「焼肉のたれ」でおなじみのエバラ食品工業(2819)が思わぬヒット商品に沸いている。

 濃縮液体調味料を小型容器に詰めた「プチッと」シリーズだ。寒い季節に重宝する鍋用の「プチッと鍋」は寄せ鍋、キムチ鍋、ちゃんこ鍋など約10種類あり、少人数の鍋にピッタリと評判を呼んだ。

「プチッとごはんズ」も売れている。チキントマト味や博多風とんこつ味、焼きかに風味などで、家庭で残りがちな米飯と卵を使ってチャーハンや雑炊(リゾット)を手軽に調理することができる優れものだ。

「炒めたときのパラッとした仕上がりと、煮込んだときのコク深い味わいを両立できるよう独自技術で油分の配合を工夫した」(エバラ食品工業関係者)

 単身世帯や共働き世帯の増加に伴う個食ニーズの拡大に対応した「プチッと」シリーズは、1人前から使える小分けが大ヒットの要因。「プチッとうどん」「プチッとステーキ」「プチッとハンバーグ」とラインアップは広がりを見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る