投資家は「日産西川社長の再任反対を」米助言大手が推奨

公開日: 更新日:

 社長も辞めろ――投資家に反旗を呼びかけた。日産自動車が25日の株主総会で諮る西川広人社長兼CEOの取締役再任議案について、投資家への議決権行使助言を手掛ける米大手2社が反対を推奨していることが分かった。

 反対推奨しているのはグラス・ルイスとISSだ。両社は反対を推奨する資料を顧客の投資家に送付。グラス・ルイスは「西川氏は取締役の不正行為に対する監督責任を果たすために一歩を踏み出すべきだった。代表取締役と社長として自信を持って支持できない」と説明し、ISSも「過去と決別する必要がある。ゴーン被告と近い関係だった西川氏の再任は適切でない」と指摘した。

 日産の総会を巡っては、4割強の議決権を持つ仏ルノーが指名委員会等設置会社への移行を含む定款変更議案への棄権を表明。助言会社の意見を参考にする内外の機関投資家も多く、取締役選任や組織変更など重要事項に関する議決の行方は、不透明感がさらに強まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る