米中貿易戦争で漁夫の利?トヨタやホンダがシェア拡大中

公開日: 更新日:

 米中貿易戦争はエスカレートするばかりだ。このままでは米中とも、全輸入品に上乗せ関税を課しかねない状況で、市場からは「数十年にわたる冷戦が始まりかねない」という囁きすら聞かれる。国際通貨基金(IMF)は、両国が全輸入品に25%関税を発動したら、2020年の世界の国内総生産(GDP)が4500億ドル(約49兆円)落ち込むと試算したほどだ。

 日本経済への打撃は計り知れないが、一方で漁夫の利といえそうな販売増加も起きているという。ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏が言う。

「中国における乗用車の販売状況を見ると、日本車が健闘していることが分かります。18年の販売シェアは、民族系(中国)がマイナス8%、米国系のマイナス18.5%に対し、日系はプラス5・7%でした」

 今年1~4月の前年同期比は、民族系マイナス22.3%、米系マイナス26.4%、仏系マイナス62.8%、独系マイナス5.7%、韓国系マイナス6.1%と減少のオンパレードだが、日系はプラス5.1%。国別の販売で唯一、シェアを伸ばしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る