日産・西川社長の報酬大幅減 ゴーン事件で業績はガタガタ

公開日: 更新日:

 日産自動車が西川広人社長の2018年度の役員報酬を前年度から減らす方針だという。共同通信が報じた。ゴーン事件を防げなかったことや、業績が悪化した責任を重くみての判断。

 有価証券報告書によると、日産が17年度に西川氏に支払った報酬は約5億円。関係者によると、すでに大幅な報酬減は固まっているが、自主返納の形を取る可能性もあるという。

 西川氏はいわゆるゴーン・チルドレンのひとり。日産の19年3月期連結決算は純利益が前期比57・3%減の3191億円で、来季の業績予想もメタメタだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る