井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

日産や三菱自は業績悪化…近づく「自動車の世紀」の終わり

公開日: 更新日:

 日産自動車の2019年度第1四半期(4~6月)決算で営業利益が前年同期比98・5%減の16億円となった。日米欧で販売が減少したことが響いた。この利益水準では為替の変動などによっていつ赤字に転落してもおかしくない状況だ。

 こうした事態を受けて日産は22年度までに全世界で1万2500人の従業員を削減。国内では栃木、九州の両工場で期間工を計880人削減する。

 三菱自動車の第1四半期決算でも営業利益が86・3%減の38億円。世界で販売が落ち込み在庫調整した影響を受けた。

 販売が落ち込む要因は、米中経済戦争の影響がじわりじわりと迫ってきているからだ。米国での19年上半期の日本メーカーの新車販売台数は10年ぶりに前年同期割れ。中国も全需が減少。8月の第1週にはトヨタやホンダの決算発表があり、苦戦が予想される。「米国が利下げを示唆しており、そうなれば円高に傾き、日本の自動車メーカーはさらに苦境に追い込まれる」とみるアナリストもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る