井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

不祥事続きのスズキ…背景に89歳・鈴木修会長の“独裁老害”

公開日: 更新日:

 日産自動車と同様に、不祥事連発によって企業統治(コーポレートガバナンス)が著しく欠如しているのがスズキだ。

 今年の株主総会の集中日だった6月27日、スズキの株主は経営トップに「NO」を突き付けた。取締役選任への賛成率で鈴木修会長(89)が前年の93.2%から65.9%に、長男の鈴木俊宏社長(60)が94.2%から69.9%に急落したのだ。

 スズキでは2016年に燃費データの測定で不正が発覚。さらに、18年には、完成車検査でも不正が立て続けに発覚し、人命にかかわるブレーキ検査で不合格のものを合格にするためにデータを改ざんするなど、悪質さが際立った。19年4月からは国内最大規模の約200万台のリコールに追い込まれた。5月28日、修会長の1年間報酬全額返上、俊宏社長の役員賞与返上と月額報酬50%カットなどの処分をスズキは発表したが、こうした不祥事の遠因は、修会長の「老害」と、俊宏社長の「いまだに主要な判断を父に頼るリーダーシップのなさ」から来る企業風土にあると、株主たちは怒っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る