井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

不祥事続きのスズキ…背景に89歳・鈴木修会長の“独裁老害”

公開日: 更新日:

 日産自動車と同様に、不祥事連発によって企業統治(コーポレートガバナンス)が著しく欠如しているのがスズキだ。

 今年の株主総会の集中日だった6月27日、スズキの株主は経営トップに「NO」を突き付けた。取締役選任への賛成率で鈴木修会長(89)が前年の93.2%から65.9%に、長男の鈴木俊宏社長(60)が94.2%から69.9%に急落したのだ。

 スズキでは2016年に燃費データの測定で不正が発覚。さらに、18年には、完成車検査でも不正が立て続けに発覚し、人命にかかわるブレーキ検査で不合格のものを合格にするためにデータを改ざんするなど、悪質さが際立った。19年4月からは国内最大規模の約200万台のリコールに追い込まれた。5月28日、修会長の1年間報酬全額返上、俊宏社長の役員賞与返上と月額報酬50%カットなどの処分をスズキは発表したが、こうした不祥事の遠因は、修会長の「老害」と、俊宏社長の「いまだに主要な判断を父に頼るリーダーシップのなさ」から来る企業風土にあると、株主たちは怒っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る