構想10年 ココイチ壱番屋“カレーの本場”インド進出の勝算

公開日: 更新日:

「ナンだって!?」と話題になっている。「カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)」を展開する「壱番屋」(愛知県)が8日発表した“インド進出”のことだ。

 壱番屋は先月28日、三井物産のグループ企業とインドに合弁会社を設立。同グループの強みのネットワークやマーケティング機能と、自らのカレーチェーン展開のノウハウを生かし、早くて来年をめどに、首都ニューデリー周辺で「1号店」の開店を目指すという。

 壱番屋の広報担当者はカレーの本場への“殴り込み”について「10年前から構想していました」と明かし、こう意気込む。

「日本在住のインドの方にも国内店舗にお越しいただいています。(インドは)人口が多く、毎食のようにカレーを食べている国。最大のカレー市場に挑戦する意義はあると思っています」


 ココイチの海外店舗は現在、東南アジアや中国、米国など12カ国に約180カ所。海外店舗の営業利益は1.7億円(17年2月)から2.9億円(18年2月)、3.6億円(19年2月)と年々増加の一途で、絶好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る