構想10年 ココイチ壱番屋“カレーの本場”インド進出の勝算

公開日: 更新日:

「ナンだって!?」と話題になっている。「カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)」を展開する「壱番屋」(愛知県)が8日発表した“インド進出”のことだ。

 壱番屋は先月28日、三井物産のグループ企業とインドに合弁会社を設立。同グループの強みのネットワークやマーケティング機能と、自らのカレーチェーン展開のノウハウを生かし、早くて来年をめどに、首都ニューデリー周辺で「1号店」の開店を目指すという。

 壱番屋の広報担当者はカレーの本場への“殴り込み”について「10年前から構想していました」と明かし、こう意気込む。

「日本在住のインドの方にも国内店舗にお越しいただいています。(インドは)人口が多く、毎食のようにカレーを食べている国。最大のカレー市場に挑戦する意義はあると思っています」


 ココイチの海外店舗は現在、東南アジアや中国、米国など12カ国に約180カ所。海外店舗の営業利益は1.7億円(17年2月)から2.9億円(18年2月)、3.6億円(19年2月)と年々増加の一途で、絶好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  10. 10

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

もっと見る