有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

千代田化工建設<上>3度目の経営危機に三菱商事が全面支援

公開日: 更新日:

 債務超過に伴い、8月1日付で東証1部から2部に降格。同時に日経平均株価の構成銘柄から除外された。来年3月末までに債務超過を解消しなければ上場廃止になるところだった。

 崖っぷちに追い込まれた同社に三菱商事が救済の手を差し伸べた。

 三菱商事機械グループCEO(最高経営責任者)だった大河一司が、千代田化工の会長兼CEOに新たに就任。17年に三菱商事から社長に送り込まれていた山東理二は、CEOからCOO(最高執行責任者)に降格となり、再建計画の遂行に専念する。

 三菱商事による千代田化工への支援は、実は今回で3回目なのである。

 海外のプラント工事の採算が悪化し、1990年代後半に最初の経営危機に瀕した。大株主の三菱商事が米プラント大手も巻き込む形で追加出資し、出資比率は10.2%になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  10. 10

    ようやく初入閣…北村地方創生相の“髪型”に秘められた事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る