情報システム「シーイーシー」 トヨタ系の優良顧客が強み

公開日: 更新日:

 日経平均2万円割れも囁かれる中、市場関係者の不安は続いています。今やチキンレースとなっている米中の貿易対立の激化で、世界的な景気減速懸念があるからです。

 来週はお盆休暇を挟みますので薄商いが続くでしょうが、休み知らずのAIは円高・ドル安の局面では、サービス関連が強いと判断したのかもしれません。

 来週のイチ押しに選んだのは、情報システムの「シーイーシー」です。従業員は約1500人、トヨタ系の優良顧客を持ちます。前期の連結売上高は10年ぶりに500億円の大台を回復。今期2~4月期も好調をキープし、純利益は27%増の11億円でした。

 2番手の日本製鋼所も今期第1四半期連結業績の好調さが要因です。発電用タービンの軸材となる鋼材などをつくる会社です。

(情報提供=MILIZE PRO)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る