「ガリガリ君」は売上1.9倍 猛暑で夏物衣料や氷菓が絶好調

公開日: 更新日:

 夏物衣料や氷菓の売れ行きが好調だ。都心の気温が35度を超える日もあり、大手百貨店の販売担当者は「7月の不振を取り戻したい」と力を込める。夏商戦が本番を迎えている。

 大手百貨店では、婦人向け夏物衣料の売り上げが回復。東武百貨店池袋本店では「ワンピースの需要が戻っている」(広報)といい、梅雨明け以降、前年比2割増が続く。西武池袋本店では、ワンピース付きで街歩きにも使えるリゾート水着が5割増と人気だ。

 今年目立つのが日傘。特に男性用は売り上げが急増。そごう・西武では「梅雨明けから売れ始め、8月4日までの1週間は全店ベースで前年の2.7倍に達した」(広報)という。

 かき氷などの氷菓や、スポーツドリンク類の人気も戻ってきた。セブン―イレブンでは、アイスキャンディーの「ガリガリ君」(赤城乳業)の売り上げが梅雨明け直後の1週間で前週比1.9倍と伸びたほか、スポーツドリンク「ポカリスエット」(大塚製薬)も同1.8倍と好調だ。

 都内の百貨店でも、かき氷の販売数量が梅雨明け以前に比べ軒並み1~3割増と復調。売り場担当者は「猛暑には、体を冷やせる氷菓類が最適」と力を入れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る