五輪暑さ対策に重大疑義「遮熱性舗装」で気温上昇の逆効果

公開日: 更新日:

 いよいよ1年後に迫った東京五輪――。最終種目の男子マラソンは、8月9日に行われる。9日の東京の最高気温は36度だった。昨年の8月9日も32度だ。この調子では、来年の8月9日も猛暑になる可能性が高い。ホントにこの異常な暑さの中でマラソンをやって大丈夫なのか。

 そんな中、暑さ対策の切り札である「遮熱性舗装」に重大な疑義が浮上している。

 いま東京都が進めている「遮熱性舗装」は、路面の温度上昇を10度程度防ぐ効果があるという。路面に塗布した遮熱材が赤外線を反射し、蓄熱を防ぐためだ。しかし、“路面”の温度は下がるが、逆に、“空間”温度は上昇する可能性が浮上しているのだ。東京農大の樫村修生教授(環境生理学)が、驚くべき調査結果を明らかにした。

 樫村教授は先月と今月、遮熱性舗装と通常のアスファルトの道路を調査した。路面の表面温度はこれまでの国の調査と同じく、10度前後低くなった。ところが、高さ50センチ、150センチ、200センチの空間の平均気温は、なんと遮熱性舗装の方が高くなったのだ。特に日射の強い日は、1.5度前後高くなり、最大で3度以上高い時間帯もあったという。樫村教授は、遮熱性舗装で表面温度は下がるが、反射した熱の影響で、人が立つ高さは気温が上昇したと分析している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る