櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「やまびこ」サッカー場で大活躍するロボット芝刈機に注力

公開日: 更新日:

 やまびこ(6250)に注目する。小型屋外作業機械メーカーで国内首位。北米中心に海外売上比率は6割を超え、海外市場では「ECHOブランド」中心にホームデポなどでの販売が拡大。世界での販売拠点は90カ国以上。約2万8000と拡大基調だ。

 主力製品は小型エンジンを動力源とした屋外作業機械。例えば刈り払い機、チェーンソー、パワーブロワー、ヘッジトリマーなど。アメリカの郊外でよく見られる住宅の庭には広い芝生や庭木があるが、その手入れに使われるのが刈り払い機などの製品。しかも、プロユースに堪える品質は強みだ。

 動力源であるエンジンは、アルミの溶解から完成までの自社一貫生産体制。このこだわりが多くの生産技術やノウハウに生かされている。「エンジンを自社でつくる」というのは無限の可能性を秘めていると考えられよう。


 TVドラマの「下町ロケット」で展開されたのはエンジンのバルブシステムだったが、あのこだわりが脳裏をかすめる。農薬散布などの農業用管理機械、あるいは発電機なども同社のフィールドだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る