金急騰で注目度アップ NY上場の「ゴールド・フィールズ」

公開日: 更新日:

 金価格が急騰している。8月7日に、6年4カ月ぶりの高値となる1トロイオンス(31グラム)1500ドル台に乗せ、その後も上値を追っている。

 この背景には米中貿易戦争の激化、通貨安競争、世界景気の減速懸念がある。

 さらに、世界的な金利低下(流通している国債の3割がマイナス金利)が、基本的に“利”を生まない金の魅力を相対的に高めている。もちろん、出口の見えない香港情勢、イギリスのEU離脱、破綻寸前のアルゼンチン、イタリアの政情不安などリスク要因が山積みだ。こんな状況下、安全資産の金が選好されるのは当然だろう。

 NY市場には南アフリカの産金株がADRの形で数多く上場している。たとえば、アングロゴールド・アシャンティ(AU)、ハーモニー・ゴールド・マイニング(HMY)、ゴールド・フィールズ(GFI)などがそうだ。株価はそろって、急動兆を示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る