“メルカリおじさん”に学ぶ 洋服を高く売るコツ<前編>

公開日: 更新日:

 昨今、インターネット上の個人間売買が盛んだが、リサイクルショップなどで安く売られているレア物を密かに入手し、フリマアプリ「メルカリ」で高く売って生計を立てているツワモノもいるという。

 しかし、まだ利用したことのない人にとって、こうした“プロ”よりも、仕事の合間にちょっとした小遣いを稼いでいる人の話のほうが参考になるはず。

 そこで今回、メルカリを利用して8カ月ほどで、販売総数80点、販売総額45万円(手数料、送料を引いた金額)、月平均5万円以上稼ぐ40代のKさんに話を聞いた。

 広告代理店で働くKさんは、これまで収入の半分近くをアパレル品につぎ込んできた自他ともに認める“洋服バカ“。これまで買い集めてきたものが収納しきれなくなったため、初めは古着屋やブランド物のリユース店などで少しずつ売っていたが、安く買い叩かれることが多かったという。メルカリの存在は知っていたが、梱包作業などの作業が面倒で利用していなかった。あるとき、友人がメルカリで結構稼いでいるという話に影響を受け、始めたところ、「5年前に8万円で買ったダウンジャケットが4万3000円で売れて、一気にハマりましたね。まさかそんなに高く売れるとは思っていなかったので」(Kさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る