“メルカリおじさん”に学ぶ 洋服を高く売るコツ<前編>

公開日: 更新日:

 昨今、インターネット上の個人間売買が盛んだが、リサイクルショップなどで安く売られているレア物を密かに入手し、フリマアプリ「メルカリ」で高く売って生計を立てているツワモノもいるという。

 しかし、まだ利用したことのない人にとって、こうした“プロ”よりも、仕事の合間にちょっとした小遣いを稼いでいる人の話のほうが参考になるはず。

 そこで今回、メルカリを利用して8カ月ほどで、販売総数80点、販売総額45万円(手数料、送料を引いた金額)、月平均5万円以上稼ぐ40代のKさんに話を聞いた。

 広告代理店で働くKさんは、これまで収入の半分近くをアパレル品につぎ込んできた自他ともに認める“洋服バカ“。これまで買い集めてきたものが収納しきれなくなったため、初めは古着屋やブランド物のリユース店などで少しずつ売っていたが、安く買い叩かれることが多かったという。メルカリの存在は知っていたが、梱包作業などの作業が面倒で利用していなかった。あるとき、友人がメルカリで結構稼いでいるという話に影響を受け、始めたところ、「5年前に8万円で買ったダウンジャケットが4万3000円で売れて、一気にハマりましたね。まさかそんなに高く売れるとは思っていなかったので」(Kさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る