「寿スピリッツ」インバウンド急増で土産物の販売が絶好調

公開日: 更新日:

 地域限定の菓子を手掛ける寿スピリッツ(2222)に注目する。

 全国各地のオリジナルブランドとショップブランドを創造する総合プロデューサーだ。例えば、駅のターミナルや高速道路の売店、旅館・ホテルなどに卸売りをしている。近年は、主要都市の国際線ターミナルの免税店売り場を強化。訪日外国人(インバウンド)向けの積極展開といったところだ。海外展開として、韓国、台湾、シンガポールなどアジアへの出店計画も持つ。

 グループの海外売上高を年間100億円規模(19年3月期は約13億円)にするという。店舗販売やネット通販などにも力を入れる。

 強さの秘密は、①18年以降にスタートした工房と一体型の実演販売店という新業態の展開②クッキーなど主力商品の物販コーナーだけでなく、工房で焼いたパイ生地に北海道産ミルクを使ったクリームを入れるミルクパイを実演販売―――と、きめの細かい営業戦略が功を奏している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る