田んぼは観光資源 外国人観光客が泊まりたくなる工夫とは

公開日: 更新日:

 増え続けるインバウンド(訪日客)で「空き家の未来は意外と明るい」(住宅ジャーナリスト・榊淳司氏)というが、より多くの外国人に泊まってもらうには、ちょっとした工夫が必要だ。

「私は家族でバリ島にLCC(ローコストキャリアー)で行きましたが、運賃は往復で1人2万5000円と、国内で温泉旅行に行くのと変わらない金額でした。現地で改めて感じたのが、旅行客はその土地にローカルな部分を求めていることです」(榊氏)

 いま日本を訪れる外国人観光客はリピーターも少なくない。その多くは、日本人にとって当たり前になっている、その土地ならではの風習や食べ物などを欲しているとのこと。「日本人がこの状況を生かすには、一度自分たちの常識を捨てるべきだ」と榊氏は言う。

「バリ島は一年中暖かく、三毛作ができます。そのため、あちこちで稲がふさふさ風になびいている風景が見られますが、これが観光資源になっています。建物から田んぼが見えることを『ライスフィールドビュー』と言って、『オーシャンビュー』と同等の価値があり、不動産価格に反映されています。日本の田舎では田んぼが観光資源になるとは誰も思っていませんが、外国人にはこういうものが喜ばれるのです」(榊氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る