バツグンの高利回り 百貨店「友の会」積み立ては侮れない

公開日: 更新日:

 コツコツ貯めて、大きく使えるのがいい。なにかといえば、多くの百貨店が展開しているボーナス付き積み立て、「友の会」のことである。

 その仕組みは、毎月一定額を積み立てると、満期時には積立総額にボーナスを上乗せした金額の買い物カード(または買い物券など)が受け取れるというもの。積立期間は12カ月が主流で、6カ月を用意するところもある。買い物カードは各百貨店・百貨店グループ独自の発行なので使える店舗は限られるが、その分、お得度は高く、12カ月満期は1カ月分加算されるのが一般的。毎月1万円の積み立てなら「1万円×12カ月+1カ月分のボーナス=13万円分の金額をチャージした買い物カード」といった具合だ。

■年間で5万円の得も

 まずは、三越・伊勢丹グループの「エムアイ友の会」を見てみると、「12カ月積立」は、毎月の積立金が5000円から最高5万円まで5つのコースがある。つまり、ボーナスも5000円から最高5万円ということ。明快だ。このほか、毎月5000円の積み立てで6カ月後に2000円のボーナスが加算される「6カ月積立」も展開。気軽に始めたい人にはうれしい選択肢である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る