今や2兆円市場に「リサイクル店」は自治体が“穴場”な理由

公開日: 更新日:

「メルカリ」や「ヤフオク!」など、インターネット上の個人間取引が浸透したことで、昨今は衣類や雑貨など中古品に対する抵抗がなくなりつつある。街には高級品から日用品まで、中古品を取り扱うショップもたくさんあり、ネット、リアルの両方でリサイクル、リユース市場は盛り上がりを見せている。実際、2017年の日本のリユース市場規模は1兆9932億円(前年比12.3%増)で、リユース人口と売買頻度の増加で2022年には約3兆円になると言われている(リユース通信調べ)

 30代の男性会社員Bさんも、ここ数年で衣類を中心に日常的に中古品の売り買いを行うようになったという。

「ネットも実店舗も利用しますが、節約というよりも欲しいものを見つけられたときが嬉しいので、もっぱらゲームのようにお宝探しを楽しんでいます」

 ただ、最近はメルカリ人気で安くていいものの奪い合いが激しくなり、そうしたお宝が見つけづらい状況にあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  7. 7

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  8. 8

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  9. 9

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る