たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

爆騰したホロン株に続くのはアテクト 上昇の材料は2つ

公開日: 更新日:

 今年3月まで21年間に渡って夕刊紙「日刊ゲンダイ」にコラムを書いてきた「たかひら友実」です。この度日刊ゲンダイDIGITALで復活する事になりました。かつてゲンダイ紙面で、精密機器のホロンを数回取り上げたことがあるので、読者の中には、同社株をまだお持ちの方もいるでしょう。ホロンは先週、爆騰しました。株を持っている人は喜んでいる事でしょう。

 新連載の第1弾として、ホロンと同じようにチャートが煮詰まり、株価が上昇を始めたアテクト(4241)に注目します。

■半導体の保護資材で世界トップ

 材料は大きく2つ、スペーサーテープとPIM。同社は、規模は小さいものの半導体保護資材で世界首位で、液晶テレビや有機ELテレビに搭載するLSIを保護する“スペーサーテープ”を日韓で製造している。世界シェアは約7割。ニッチな製品で、競合相手は1、2社と言われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  6. 6

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  7. 7

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  10. 10

    野党時代から構想 英語試験民営化は自民政権復帰で急加速

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る