【サカイ引越vs日本通運】令和初の引っ越しシーズン突入へ

公開日: 更新日:

 年の瀬が近づいてきました。令和になって初めての年末年始ですが、年が明けると、令和初の引っ越しシーズンに突入します。1月から件数は徐々に増えだし、3月にピークを迎えます。

 今回の損得は引っ越し専業でトップの「サカイ引越センター」と、“引越しは日通”のキャッチコピーで知られる「日本通運」の社員待遇を比較してみます。

 サカイ引越センターは1971年に大阪府堺市で創業しています。90年代にはコテコテの関西人が登場するCMでも話題になった会社です。現在は北海道から沖縄まで日本全国に拠点があり、ドライブレコーダーをいち早く導入するなど安全面にも力を入れています。“引越のサカイ”の愛称と、パンダのマークでおなじみです。

 一方、日本通運は総合物流業者の国内最大手で、通称の「日通」で親しまれています。かつて展開していた宅配便のペリカン便を覚えている人は大勢いるのではないでしょうか。陸海空すべての輸送をカバーしているだけに取扱量は巨大です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る