小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

2代目レンジローバー イヴォークますますリッチにハイテクに

公開日: 更新日:

車内に高級スマホが張り巡らされているよう

 圧倒的なのはインテリアクオリティーの高さとハイテク度だ。

 初代も悪くなかったが、格下ランドローバーのプラットフォームを使ってることもあり、質感はほどほど。しかし新型は本革、バックスキン調マテリアルはもちろん、そこらじゅうに張り巡らされたガラス類、メタル製ベゼルの質感や精度がケタ違いに高い。すべての角は丸くキレイに削られ、高級スマホが張り巡らされているよう。事実、運転席前メーター、センターの2つの10インチタッチスクリーンはすべてデジタルで、実際に針のあるアナログ計は一切ない。

 スイッチ類も極力配され、エアコン、シートヒーター、オーディオ、車両設定はすべてタッチ操作。初めてだと正直使いづらいが、こういうデジタルなオシャレ感が好きな人はお金持ちに確実にいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る