小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ミニJCW クロスオーバーは“走りバカお父さん”の理想像だ!

公開日: 更新日:

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(車両価格:605万円/税込)

 ひさびさにコイツは走りバカ、しかも子持ちの走りバカに超オススメかも? というモデルにサーキットで出会った。MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー。そもそもクロスオーバーは、初代モデルが2011年に日本上陸。ミニシリーズ初の全長4m超え&4枚ドアボディで4WD付きも選べ「ミニじゃなくってデカだろう!」と呼ばれるきっかけとなったファミリー向けのミニだ。

 しかし、やはり大きめボディーは人気で2017年上陸の2代目クロスオーバーはさらに拡大化! 全長×全幅×全高は4315×1820×1595mmとVWゴルフより大きいサイズに。走るとミニらしくキビキビはしていたが、正直サーキットで走ろうとは思ってもみなかった。端っから期待などしてなかったのだ。

SUVとは思えない走り

 ところが先日最もスパルタンなJCW(ジョンクーパーワークス)仕様の進化版クロスオーバーにたまたまサーキットで乗ってビックリ。マジで走りがスゴすぎるし、単純に超キモチいい! とても全高1.6m前後のSUVとは思えない味わいなのだ。

 エンジンは元々パワフルな2ℓ直4ターボだが、今年10月のマイチェンでなんと75hp&100Nmも向上して306hp&450Nmに。ついでに効率を高めたアイシン製8速ATや4WDシステム、新しい機械式デファレンシャル、スポーツブレーキシステムなども搭載し、これがサーキットで乗ると本当に楽し過ぎる。

 出足は滑らかでとても300hpオーバーとは思えないが途中からの伸びが凄く、0ー100km/h加速は旧型より1.5秒も速い5.1秒というから恐れ入る。

子持ちファミリー向けとしても使える

 さらに信じられないのはハンドリングやコーナリング時の振るまいで、4WDのSUVでありながら曲がりにくさは一切なく、ステアリングフィーリングはシャープ。ブレーキを残しつつコーナーに入ると、スピードによってはリアが滑り出すほどで、さらにアクセルを踏み込んで立ち上がると本来アンダーステアが当たり前の4WDなのに、リアタイヤがはらんで気持ち良く曲がる。まさにサーキットでタイムアタックするために生まれたようだ。

 それでいて前後シートは長身の男性が十分座れるほど広く、一般道での乗り心地も言うほど悪くない。もちろん硬めだが、不快なほどではないから素晴らしい。ラゲッジも450ℓと十分な容量。まさに子持ちのファミリー向けとして十二分に使えるクロスオーバーなのだ。

 もちろん価格は相当立派で605万円。これだけするとBMWの速めのセダンでも欲しくなっちゃうとこだが、どっちが子供ウケするかって実はコッチかも? 意外なところに走りバカの理想郷を見つけちゃった感じなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る