重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

Win7終了だけじゃない 20年ぶりパソコン出荷急増の原動力

公開日: 更新日:

「Windows10」への買い替え特需に、消費増税前の駆け込み需要や「テレワーク」効果……。

 2019年の国内パソコン(PC)出荷台数が前年比37・4%増の973・7万台と2年連続の伸びを記録した。電子情報技術産業協会(JEITA)の調査で明らかになったもので、伸び率は6年ぶりの前年比増だった18年の4・5%を大幅に上回り、20年ぶりとなる3割超の成長を達成した。

 伸びを牽引したのは法人向けを中心としたデスクトップ型PCだ。258・4万台と49・4%も伸び、1・4%の前年割れだった18年から大幅なプラスに転じた。

 米マイクロソフト(MS)が今月14日で基本ソフト「Windows7」のサポートを終了。セキュリティー対策に敏感な企業などによる「10」への買い替えが進んだためとみられる。

 MS日本法人の推計によると、今年1月時点で「10」への切り替えが完了していない法人向けPCは国内にまだ753万台残っているという。使い続けるとウイルス感染リスクやサイバー攻撃による情報漏洩リスクが高まるため、今年前半を中心に今後もしばらくは好調な出荷が続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る