重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

“赤い資本”に狙われた業績低迷「象印マホービン」の憂鬱

公開日: 更新日:

 IH炊飯器など調理家電大手の象印マホービンが“赤い資本”の脅威にさらされている。

 18年夏から同社株を買い進めてきた2つの投資ファンドの正体が中国の家電大手、ギャランツ(格蘭仕)グループだったことが今月、判明。大量保有報告書でこれまで「純投資」としてきた保有目的も「経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」に変更された。2月19日の定時株主総会は波乱含みの展開となりそうだ。

 ギャランツは広東省に本社を置き、白物家電を中心に国内外で幅広く事業を展開、電子レンジでは世界トップシェアとされている。

 グループでこれまでに買い占めた象印株は980万株超。発行済み株の13・5%に当たり、創業家出身の市川典男社長が持つ11・5%を上回って、筆頭株主となっている。

 すでに「株主やステークホルダーに資する経営が行われていない」として傘下ファンドの一つが取締役候補に日銀出身で弁護士の長野聡氏を選任するよう株主提案。象印側の出方次第では「今後、さらなる追加提案や資本提携などを求めてくる可能性もなしとしない」(金融関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る