重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

“赤い資本”に狙われた業績低迷「象印マホービン」の憂鬱

公開日: 更新日:

 IH炊飯器など調理家電大手の象印マホービンが“赤い資本”の脅威にさらされている。

 18年夏から同社株を買い進めてきた2つの投資ファンドの正体が中国の家電大手、ギャランツ(格蘭仕)グループだったことが今月、判明。大量保有報告書でこれまで「純投資」としてきた保有目的も「経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」に変更された。2月19日の定時株主総会は波乱含みの展開となりそうだ。

 ギャランツは広東省に本社を置き、白物家電を中心に国内外で幅広く事業を展開、電子レンジでは世界トップシェアとされている。

 グループでこれまでに買い占めた象印株は980万株超。発行済み株の13・5%に当たり、創業家出身の市川典男社長が持つ11・5%を上回って、筆頭株主となっている。

 すでに「株主やステークホルダーに資する経営が行われていない」として傘下ファンドの一つが取締役候補に日銀出身で弁護士の長野聡氏を選任するよう株主提案。象印側の出方次第では「今後、さらなる追加提案や資本提携などを求めてくる可能性もなしとしない」(金融関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る