伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

真相はヤブの中 HIS澤田秀雄氏「詐欺被害」50億円の流出先

公開日: 更新日:

 警視庁捜査2課は1月28日までに、保証金名目で2億円を詐取したとして、安藤季賢(69)、山本英一(54)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 都内にある日本大学付属板橋病院の近くに薬局を出店できると、薬局大手「サンドラッグ」の子会社をだましたというもの。

 安藤容疑者は日大OBで、同大の田中英寿理事長周辺に「太いパイプがある」というのが“ウリ”だった。かつて、自身の関係会社4社を負債総額7億7000万円で破産させている。そのうちの1社が「NU校友会」という名の株式会社。NUはNihon Universityの略と読め、日大利権屋のひとりというしかない。

 安藤容疑者の知人は、逮捕報道を受けて、「信じられない。2018年6月、彼の会社は資産運用の窓口として41億円もの振り込みを受けている。2億円ぐらい返済して示談に持っていくこともできたハズ」と首をかしげる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  5. 5

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る