たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

底値で買う銘柄を研究する…「パウダーテック」は狙い目

公開日: 更新日:

 パウダーテックは、ナノレベルの真球のパウダーを製作する技術に優れ、この技術を応用した超微粉が電磁波シールド材に適している。5GやIoT向けに非常に有望で、引き合いが殺到している。

 パイロット設備を倍増し、再増強も検討中とのこと。具体的な商品の上市予定は分からないが、年商110億円程度の同社には大きなインパクトをもたらしそう。

 今回のコロナウイルス騒動で、習近平体制の存続が危ぶまれ、騒動の鎮圧と同時に、経済成長率の一段の低下を防ぐことが喫緊の課題となっている。

 習近平主席は、2月23日に今年の経済成長率目標を低下させないため、財政・金融政策の総動員を指示した。

 すでに中国人民銀行は政策金利を引き下げつつあり、貸出金利も前回の金融緩和時の2016年を下回る水準にある。ウイルス蔓延のリスクはあるものの、各地の工場の稼働率上昇も強く指示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る