中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

コロナ禍で「1億総閉じこもり」注目はスマホゲーム関連株

公開日: 更新日:

 3月に入り、新型コロナウイルス感染リスクで地元町会の「親子ふれあいの集い」などイベントが中止された。Jリーグなどプロスポーツも開催中止、大手宗教団体は集会自粛、遊園地やテーマパークは休園、劇場も休演、さらに高齢者のたまり場となっている近所の図書館は2日から臨時休館している。驚くことに公共工事までいったん休止された。

 先週末、ビデオレンタル店に行くと来客増加で貸し出し・返却袋が品切れとなり、ビニール袋でDVDを渡された。図書館に行けば、本の貸出窓口には親子の行列。臨時休校で「行き場」のなくなった子どもに親は困惑している。

 満員の通勤電車はどうか。専門家の話では「マスクはウイルス感染に万全ではない」という。電車、バス、タクシーなどが感染源となるリスクがある。そのため、中国では企業活動が中止され、町全体が封鎖された。安倍首相は、ここ1~2週間(3月15日ごろまで)が正念場というが、なぜ2週間なのか不明だ。仮に、その間も感染者が増えれば、日本は「感染列島」となり、主要都市を封鎖するのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る