中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

コロナ禍で「1億総閉じこもり」注目はスマホゲーム関連株

公開日: 更新日:

 3月に入り、新型コロナウイルス感染リスクで地元町会の「親子ふれあいの集い」などイベントが中止された。Jリーグなどプロスポーツも開催中止、大手宗教団体は集会自粛、遊園地やテーマパークは休園、劇場も休演、さらに高齢者のたまり場となっている近所の図書館は2日から臨時休館している。驚くことに公共工事までいったん休止された。

 先週末、ビデオレンタル店に行くと来客増加で貸し出し・返却袋が品切れとなり、ビニール袋でDVDを渡された。図書館に行けば、本の貸出窓口には親子の行列。臨時休校で「行き場」のなくなった子どもに親は困惑している。

 満員の通勤電車はどうか。専門家の話では「マスクはウイルス感染に万全ではない」という。電車、バス、タクシーなどが感染源となるリスクがある。そのため、中国では企業活動が中止され、町全体が封鎖された。安倍首相は、ここ1~2週間(3月15日ごろまで)が正念場というが、なぜ2週間なのか不明だ。仮に、その間も感染者が増えれば、日本は「感染列島」となり、主要都市を封鎖するのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る