藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

「global bridge HD」自社開発した保育ロボットが切り札

公開日: 更新日:

 自社開発した保育ロボット「VIVO」は人手不足に悩む保育園の切り札。

 SIDS(乳幼児突然死症候群)は日本における乳児の死亡原因の第4位、この多くは睡眠時です。認定保育園では、お昼寝の時間がありますが、保育士は5~10分おきに子供の睡眠状況をチェックする義務があります。global bridge HOLDINGSが運営する保育園では、園児のオムツに振動・検温センサーを設置、保育士のタブレットで、子供が睡眠状態か、うつぶせになってないか、体温に異常はないかを教えてくれます。

 また、園児は行きと帰りに自分のキーホルダーをロボットの胸にタッチ。ロボットが挨拶したり、今日何分寝たか、何を食べたかなどを保護者に伝えてくれます。忙しい保育士の代わりです。

 昨年12月の上場後、公開価格を割り込み、株価は大幅下落していますが、絶好の押し目買いの好機。じっくりと株価倍増を狙いたい企業です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  10. 10

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

もっと見る