アクアバンク 竹原タカシ社長<1>水素ガス吸引具が大ヒット

公開日: 更新日:

 国民生活センターが、水素が検出されない商品があると注意喚起するなど、イメージがあまりよろしくない水素水。「ならば水に添加せず、作ってすぐ吸えばいいではないか」とアクアバンクは、コンパクトな水素ガス吸引具「ケンコス」を開発した。リラックス効果や運動機能向上が確認され、夜のお姉さんから「二日酔いがラクになる」という声も寄せられている。

 開発したアクアバンク社長の竹原タカシ氏は阪大卒のエンジニアだが、ある試作品を意外な事業に転用して一山当てたり、借金を背負い、追い込みをかけられたり、ケンコスに至る道のりは波乱に満ちたものだった。

 竹原氏は1958年、京都市で生まれ、すぐに京都府の南端、笠置町に移った。日立の技術者だった父親が独立、そこに私設の研究所をつくったのだった。

「道もちゃんとついていないような山深い所に、2Kの家と掘っ立て小屋のような“研究所”がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

もっと見る