伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

ウーバーイーツによる事故と会社の対応ぶりに驚かされる

公開日: 更新日:

 驚かされたのは、米国を本拠地とするウーバーという巨大プラットフォーマーの事故対応の悪さである。会見の場にいた被害女性は、東京・品川の路上で歩道を歩いていて、高速走行の自転車配達員と正面衝突。すぐに救急車で搬送され、目に傷を負い、むち打ち症と診断され、手術も受けた。同席した女性の夫が言う。

「配達員は外国籍で日本語が通じません。そこでサポートセンターに連絡するんですが、つながらない。2時間かけて調べ上げ、ようやく本社の電話番号にかけると、『担当から連絡させます』と、返事があり、連絡があったのはそれから2~3時間後。それも『保険会社に連絡させる』という伝言だけでした」

 不誠実な対応は、その後も続き、保険会社は「示談交渉はしない」といい、配達員についた弁護士からの連絡も途絶えた。

 こうした対応の一因は「配達員」は、ウーバーの雇った労働者ではなく「個人事業主」という位置付けだからだ。ウーバーが提供しているのは、レストランと配達員をつなぐアプリ。配達員は配達して配送料を受け取る個人事業主なので、ウーバーにとっては顧客。その“屁理屈”で、労働者と認めずユニオンとの交渉に応じない。従って、衝突、転倒といった事故に遭ったとしても、上限25万円の見舞金が出るだけ。しかも、支払い基準はかなり厳格だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避