OAプラザ 王含宗社長<1>1万円台で実力派中古PCを送り出す

公開日: 更新日:

 コロナ禍の影響で、広がりを見せる在宅勤務。「会社のパソコンをいちいち持ち帰るのも面倒」と、欲しくなるのが自宅用ノートパソコンだ。そんな中、1万円台から購入できるOAプラザの中古ノートが人気を集めている。コロナ需要の追い風で、同社は前年同期比で売り上げ2割増と絶好調だ。

 ◇  ◇  ◇

 中古パソコンというと“低性能で遅い”“当たり外れがある”といったイメージがあるが、同社は壊れやすい部品を新品に交換、メモリー増設などを施すことで、ビジネス利用やネットサーフィン程度なら問題なく使えるようにしている。なぜこんな低価格で使える中古ノートを提供できるのか、その秘密に迫った。

 実は筆者も6月、楽天市場経由で同社の中古ノートを購入した。売れ筋は3万円台ということだが、1万円の最安モデルにオプション追加で、更なる低価格を狙った。しょせんは仕事用、安いに越したことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る