松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

世界金融機関に激震 米財務省「フィンセン文書」とは?

公開日: 更新日:

 9月21日、世界の大手金融機関による総額2兆ドルもの不正資金のマネーロンダリング(資金洗浄)などの事実がフィンセン(FinCEN)文書として漏洩、公開されたことが世界中で報道され欧州株が急落しました。

 その内容は国際的な金融機関などが隠してきた次のような不正取引の実態です。

●金融機関が詐欺に利用されていると知りながら放置

●金融機関が真の所有者を把握しないまま送金

●金融機関がテロ組織の資金源となる銀行への資金移動を認めていた

 金融機関は法律上、顧客の本人確認を徹底し、犯罪者かどうかの確認業務が必要ですが、これを無視したことなどが暴露されたのです。

 フィンセンはアメリカ財務省の金融犯罪取り締まりネットワークのことで、フィンセン文書は2500件以上のファイルからなり、顧客の不審な動きとして米金融当局に送られたものです。米ドル建ての不審な取引については、アメリカ国外の取引でもフィンセンへの報告義務があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る