NYダウの株価最高値更新は仕組まれたもの

公開日: 更新日:

 いまのコロナ禍の異常な株高をリードしているのは、紛れもなく、米国のNYダウだ。史上最高値を更新し続け、3万ドル台をキープ。その余波で日本の株も買われ、連れ高になっているのだが、そもそもNYダウは上がり続ける仕組みになっていることをご存じだろうか。

 NYダウは、正式には「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均」というように、採用されている銘柄はたった30。日経平均の225銘柄と比べても圧倒的に少ない。この少ない構成銘柄を随時入れ替え、指数が上昇するように仕組まれているのがNYダウの正体なのである。どういうことかというと、すでに成熟し、株価の上昇の見込みのないオールドカンパニーは採用銘柄から外し、それに代わり、業種や指数に配慮しつつ、株価の上昇が見込める勢いのある成長企業を積極的に取り入れてきた。

 代表的な例を挙げれば、発明王エジソンが創業したGEや、日本のNTTにあたる通信最大手AT&Tは成熟企業としての外され組。直近の昨年8月の入れ替えでは、石油メジャーのエクソン・モービルも退場を迫られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る