日本は今でも台湾を植民地と思っているんじゃないですか?

公開日: 更新日:

「一体何様だと思ってるんだ! 内政干渉まがいのことまでしてきたんですよ、日本は!!」

 日本政官財界に精通する台湾財界人は声を荒らげる。開業カウントダウンの段階で乗務員教育を拒否され、台湾高速鉄道は独仏から運転士起用を余儀なくされた。すると日本から運転士起用を担当していた米系中国人の幹部更迭を求められた、というのだ。

「それに今回の入札価格はなんですか?」

 日本企業連合の今回の入札価格は日本の国内価格の倍以上で、最新型新幹線車両と全く同じでないと売らない、と台湾が決して必要ない装備まで押し付けてくるのだという。この財界人は今回の入札を日本にはびこる悪徳商法になぞらえる。

「日本は今でも、台湾は大日本帝国の言うことを何でも聞く植民地、台湾人を二等国民だと思ってるんじゃないですか? そうでなければ、こんなことできるわけもない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る