中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

日米で異なる相場観 日本株式市場は「カネ余り」ではない

公開日: 更新日:

 渋沢栄一は「日本資本主義の父」と評されるが、その資本主義の総本山、米国のNYダウは、2月24日にパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の金融緩和の長期化を示唆する発言を好感、3万1961ドルと史上最高値を更新した。

 一方、米国の1日当たり感染者数の落ち着きから、コロナ禍収束は近く、金融緩和の転換も近いとの思惑から、翌25日に長期金利が一時1・6%台をつけ、節目の1・5%を突破。

 株式市場に売り物が殺到し、NYダウは大幅安となり、NYダウのミラー相場の日経平均株価も26日に暴落した。これが金融緩和の「カネ余り」相場終焉の前兆なのか否か。

 米バイデン政権の追加経済対策に伴う財源手当てで国債が大量発行されるとの警戒から長期金利が上昇したのか、トランプ前政権と「遜色がない」対中敵視策に反応して、中国が大量に保有する米国債の売却に動くとの警戒から長期金利が上昇したのかなど要因はいくらもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る