重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

新築マンション市場7年ぶりに首位交代 その要因と影響は?

公開日: 更新日:

 首位交代――。新築マンション市場におけるトップの座が7年ぶりに入れ替わった。

 不動産経済研究所が先週まとめた2020年のマンション動向調査で明らかになったもので、発売戸数ナンバーワンの地位を獲得したのはオープンハウス傘下で、関西地区などに強いプレサンスコーポレーション。19年まで6年連続首位を保ってきた住友不動産は3位に後退した。

 調査によると、20年の全国のマンション発売戸数は5万9907戸で、前年比15・2%減。2年連続の前年割れとなり、6万戸を下回ったのは1976年以来44年ぶり。ピークだった94年(18万8343戸)の約3分の1の水準にまで落ち込んだ。

 エリア別に見ると前年実績を上回ったのは東海・中京地区などごくわずか。市場全体の半分弱を占め「主戦場」(業界大手幹部)とされる首都圏が12・8%減の2万7228戸となったのをはじめ、大半の地区で2ケタの前年割れを記録した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る