何があったのか…野村HD2200億円損失の衝撃!株価16%超安

公開日: 更新日:

 市場関係者は凍り付いたに違いない。

 証券最大手の野村ホールディングスは29日、米子会社による顧客との取引に関連して、多額の損害が生じる可能性があると発表した。想定される損害額はなんと、約20億ドル(約2200億円)にも上る。巨額損失の裏に何があったのか。

 米ブルームバーグ通信など複数の海外メディアによると、問題の火種となったのは、米ヘッジファンドの「アルケゴス・キャピタル・マネジメント」。野村の取引先とみられている。アルケゴス社は先週、保有株の値下がりを受け、取引銀行から担保の追加(追証)を求められたが対応できなかったという。経済評論家の杉村富生氏がこう指摘する。

「アルケゴス社の注文を受けた米金融大手のゴールドマン・サックスが、米メディア銘柄や中国企業銘柄など約1兆5000億円相当の株式を『ブロック取引』していた、と報じられています。売り建てで追証を入れられず、強制弁済をさせられたのではないか。リスクマネジメントをしていたのか、銀行はいくら融資していたのか、詳しい情報は依然として不明です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る