中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

プラ資源循環促進法が成立 生分解性や紙製品がキーワード

公開日: 更新日:

 日本フードサービス協会によれば、2021年4月の業態別売上高は、ファストフード業態は前年同月比117%だったが、対前々年比では99%とコロナ以前には及ばなかった。「洋風」は引き続きテークアウトが堅調で、「持ち帰り米飯・回転寿司」は持ち帰りが定着した「回転寿司」が回復傾向にあり、売上高は121%と一昨年の94%まで戻した。

 ファミリーレストラン業態は175%となったが、度重なる営業制限の影響は大きく、コロナ禍前の69%と依然として厳しい。「洋風」「和風」はテークアウトが健闘し、「洋風」162%、「和風」199%だったが、いずれもコロナ前の60%台にとどまった。

 夏場は、外出にマスク着用は息苦しい。外出自粛となれば、「巣ごもり消費」で冷菓や清涼飲料が売れ、「家飲み」でビール、発泡酒などアルコール飲料も売れる。東京五輪も自宅でテレビ観戦となれば、つまみ、菓子の需要も増える。主婦は1日3度の食事作りは疲労困憊、「レンジでチン」の食卓も増える。台所にアルミ缶、ペットボトル、紙パック、新聞紙など仕分けされた資源ごみに、生ごみ、さらにテークアウトの弁当容器など不燃ごみに仕分け、自治体専用の指定ごみ袋に入れ、台所はさながらごみ屋敷の様相になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る