重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

ホンダはエンジン部品工場を閉鎖…EV化加速で淘汰は必至

公開日: 更新日:

 ブラウン管から液晶へ、銀塩フィルムからデジカメそしてスマホへ。テレビやカメラにおける進化のプロセスは国の産業構造を大きく変え、業界のグローバル勢力図を瞬く間に塗り替えた。クルマの世界でも恐らく同じことが起こるに違いない。それを強く予見させるようなニュースといえるだろう。

 ホンダが先週末、栃木県真岡市にある四輪車用エンジンやトランスミッションの部品工場を2025年に閉鎖すると発表した。電気自動車(EV)をはじめとしたクルマの電動化の進展に伴いエンジンや駆動系部品の生産が減少すると見込まれるためだ。工場に勤務する従業員約900人は順次、他の国内工場などに配置転換する。

 閉鎖するのは「パワートレインユニット製造部」と呼ばれる生産拠点。1970年末にまずエンジンバルブの生産からスタート。その後クランクシャフトやドライブシャフトなどに生産品目を拡大し、ホンダの国内外の完成車工場に供給してきた。ただ近年は部品の海外現地調達化が進んで製造量が減少。生産体制の見直しや再編成が取り沙汰されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る